黒しょうがにも含まれるポリフェノールとは? - 黒生姜サプリメント講座ブログ

黒しょうがにも豊富含まれるポリフェノール。耳にすることも多く、健康効果も期待できる成分ですが、そもそもポリフェノールとは?という疑問にお答えします。
TOP > 黒生姜ブログ > 黒しょうがにも含まれるポリフェノールとは?

黒しょうがにも含まれるポリフェノールとは?

更新日時:2015-05-20

ポリフェノールと聞くと、真っ先に何が浮かぶでしょうか?

赤ワインやブルーベリーなんかを思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか?

このポリフェノールには、ものすごい数の種類があるんです。

現在確認されているだけで、およそ8000種類もあるそうです。

ポリフェノールの種類

ポリフェノールは、大きく二つの種類に分けられます。

【フラボノイド系】
アントシアニン
カテキン
イソフラボン
ルチン
タンニンなど
【フェノール酸系】
クルクミン
エラグ酸
クマリン
リグナンなど

アントシアニンとクルクミン

黒しょうがに多く含まれるポリフェノールは、アントシアニンとクルクミンです。

アントシアニンは、赤ワインやブルーベリーのイメージが強いですが、黒しょうがにも豊富に含まれています。

黒生姜の色の秘密は、このアントシアニンの色素によるものなんですね。

赤ワインを日常的に飲むフランスやスイスの方の、心臓病の発生率が少ないという調査結果もあるようです。

それに関する真偽はともかく、その健康効果は広く認められています。

抗酸化作用視力改善血圧上昇の抑制生活習慣病の予防などの効果が期待できます。

クルクミンは、ウコンに含まれる黄色い色素のポリフェノールです。

肝機能を強くしてくれる作用があり、アルコールの分解を助けてくれる作用があります。

お酒を飲む方は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

このクルクミンは、アントシアニンと同様に抗酸化作用がある他、コレステロールの低下脂肪の合成を抑制する効果があります。

ダイエット効果も期待できるというわけです。

黒しょうがをうまく取り入れることで、体に嬉しいさまざまな効果が期待でますよ。

黒しょうがを含むオススメサプリはこちら

 / 
Copyright © 黒しょうがサプリメント講座 All Rights Reserved.